CONCEPT

代々木上原と世界を繋ぐ、クリエイターズスタジオ

「OPRCT」はオランダ語で「心から」「正真正銘の」などを意味する“oprecht”からの造語で、本物志向のクリエイターたちを軸に企業や消費者を繋ぐハブである「クリエイターズスタジオ」となることを目指しています。音楽、視覚表現、パフォーマンスなど様々な形態の作品を手がけるクリエイターの創造性を発揮できるよう、豊富なシチュエーションを誇る撮影スタジオ、イベントスペース、ライブスペースなどを1つのビル内に完備。さらに玄関口となる1Fにはコミュニティスペースを設け、多ジャンルのクリエイター同士や企業、近隣住民などが日常的に繋がれる空間を目指します。

 

Eco Systemという考え方

ライフサウンド株式会社は、代々木上原で2008年の創立以来「いいモノを広めていかないことは罪である」をミッションに、音楽事業/空間事業/メディア事業を手掛けてきました。音楽では世界20ヶ国を超えるアーティストたちとコネクションを持ち、日本人ソウルシンガーNao Yoshiokaをアメリカへと送り出してグラミー賞を目指した活動の支援をしています。空間事業ではクリエイターたちの創造性をかきたてる場を目指して撮影スタジオを運営しています。そしてメディア事業ではライフサウンドの地元代々木上原の街や人にフォーカスしたローカルメディアを運営しその魅力を発信してきました。(ACT LOCALLY:act-locally.com

「OPRCT」はこの3つの事業全ての知見を通して見えてきた「クリエイターを中心とした理想郷」の実現へ向けた集大成です。近年クリエイター同士のコラボレーションに、その創作活動と企業のプロモーションをリンクさせたコラボレーションが注目を集めています。こうしたクリエイター同士や様々な企業がより近い距離感で一つのものを作り、人々がワクワクする創作物に溢れる豊かな理想郷を目指して、「OPRCT」は2019年1月、デビューしました。

 

建築・デザイン

ビルの建築・デザインコンセプトはラフインテリア。インダストリアルデザインからの発想を経て、極力シンプルに、ミニマルに。様々な素材をできるだけシンプルに加工することなく、足し算ではなく引き算の美学でつくりあげました。その理由はここでパフォーマンスをするアーティストたちや、展示されるアートが一層際立つように。主役であるアーティストたちやその作品が大きな余白の中で能力を発揮するプラットフォームであり続けたいと考えています。

 

コンセプトムービー